結婚の思い出を残す|結婚式場で幸せ日和|来場者の気持ちを考える

結婚式場で幸せ日和|来場者の気持ちを考える

結婚の思い出を残す

ビデオフィルム

写真だけでなく映像も

一生に一度しかない結婚式を、写真だけでなく、ムービーとして残しておこうと思う人が増えています。写真をアルバムにして残すように、結婚式をDVDなどにしていつでも見れる状態にしておきたいという要望も多くなっています。なので、どの結婚式場でも専属のカメラマンがおり、写真のプランとともにムービーのプランもあり、自分たちの要望通りに思い出を残すことができるようになっています。また、結婚式場のムービープランの中には、披露宴の最後に流すエンディングムービーを当日の映像を流せるというプランもあります。ゲストの名前とともに映像が流れるという演出は、とても人気があります。それを当日の映像にできるということで、ゲストへのおもてなしとしても注目を集めています。

式場専門と外部カメラマン

結婚式でムービーを撮るカメラマンは、式場専属のカメラマンと、外部のカメラマンとがいます。それぞれにメリットが違います。式場専門のカメラマンのメリットは、何と言っても撮れる場所が多いことです。結婚式場によっては、外部のカメラマンはチャペルの前から撮ることに制限を設けているところもあります。しかし、専属のカメラマンではそのような制限もないので、一番いい場所から二人の式を撮ることができます。また、プランなどもその結婚式場に合ったものが用意されているので、仕上がりがとてもいいものになります。外部のカメラマンのメリットは、費用を抑えることができることと、自分の好みのカメラマンを選ぶことができることです。式場専門のカメラマンは値段が高いことが多いので、外部のカメラマンを頼むことは費用削減につながります。また、一生に一度の思い出を自分好みに残すことを重要視した場合、式場だけでなく、外部に自分好みのカメラマンがいないか探すことはとても大事になります。相性のいいカメラマンが見つかった場合、そのムービーはとても素敵なものになるはずです。