様々な結婚式の形|結婚式場で幸せ日和|来場者の気持ちを考える

結婚式場で幸せ日和|来場者の気持ちを考える

様々な結婚式の形

招待状

少人数結婚式は、ゲスト人数を少なくし、ごく親しい友人や家族のみで行う形の結婚式です。通常の結婚式では、家族、友人、会社関係の来賓などをゲストとして呼ぶので、新郎新婦合わせて少なくとも50名程度になるのが普通です。しかし、少人数結婚式では多くても20人程度のゲスト人数で結婚式を行います。それには、通常の結婚式とは違った様々なメリットが存在します。一つが、アットホームな雰囲気を作り上げることが出来る点です。人数が少ないため、堅苦しい雰囲気になることなく、ゲストとの距離が近い結婚式を実現出来ます。そうすることで、ゲストと写真を撮ったり話したりする時間が多目に確保出来、たくさんの思い出を残すことが可能になるのです。

もう一つのメリットが、準備をスムーズに行えるという点です。ゲストの人数が多ければ多いほど、招待状の印刷、発送、返信葉書の整理、引き出物の準備、席決めなど様々な準備が複雑になっていきます。少人数結婚式では、ゲストの人数が少なく、またほとんどが家族や親しい友人のため、大きな気を使うことなくスムーズに準備を行うことが出来るのです。また、メリットは少人数結婚式に出席するがわにもあります。ゲストが少ない分、たくさん新郎新婦と触れ合えますし、堅苦しい挨拶や待ち時間を経験することなく、リラックスして式に望むことが出来るのです。このように、少人数結婚式は新しい結婚式の形でありながら、メリットもたくさんあるものなのです。